ファッション全般を学ぶ

服

総合的に学べる場

スタイリストになるために特別な資格や学歴は必要ありません。ですが、何の経験も知識もない人が一人前になるためには非常に長い時間がかかります。スタイリスト事務所へ所属したり、フリーのアシスタントとして修行をつみ活躍の機会をねらったりというのが主なルートですが、知識、技術、経験などがないのではそもそもこうしたルートに乗ることすらできないことがあります。そのため、専門学校に通うのが確実なルートといえます。スタイリスト科オンリーの専門学校はほとんどなく、たいていは服飾関係専門学校の一学科として存在することが多いです。スタイリスト科として独立しているとも限りませんが、服飾全般の知識をつけることは決してマイナスにはならないので、意味のあることだといえます。スタイリスト科がある場合は、スタイリングの授業や服飾デザインの授業、ヘアメイクの授業などほかの科で行う授業を少しずつ総合的に行うことが多いです。また学んだことの集大成としてファッションショーなどを行う専門学校も多いです。インターンシップなど、実習に力を入れている学校も多くあります。スタイリストになるための専門学校を選ぶのならば、まずは自分の進みたい方向を明確にすべきでしょう。そうすることで選ぶときの基準がはっきりします。さらにその上で、カリキュラムや学費などを比較し、実際に見学にいって検討しましょう。卒業後の進路をチェックするのも重要で、就職サポートの程度も重要です。